れんくんブログ

れんくんのてらこや

【れんくん日記】

2022.09.20

げんちゃんのドタバタ珍語録④

~妹・きーちゃんのひとりごと~

☆げんちゃん(🚹)

年齢30歳

知能は10歳

軽度の知的障害者です。

さて、前回は知的障害者の性の問題も考えさせていただきました。

今回は、きーちゃんとの対話に戻ります。

げんちゃんのお薬についてです。

げんちゃんはきーちゃんに質問しました。

「ねぇねぇ、僕、薬を、本当は飲みたくないんだよ~」

>「じゃあ、飲まなきゃいいじゃん!」

「いや~、でも、飲まなきゃ不安なんだよ~眠れないし~」

>「じゃあ、飲めばいいじゃん!!」

「でも~、なんか、依存してるみたいで、ずっと飲むのかな~」

>「ずっと飲めばいいじゃん!!!!どっちやねん!!!」

「きーちゃん、怒らないでよ~」

>「怒ってないよ~、ただ、同じ繰り返しじゃん、聞くの嫌になるよ~」

「そうだよね~、ごめん;;」

>「兄ちゃんが、本気でやめるときが、やめどきだよ、なるようになるから…多分…」

「う~ん」

>「まっ、時の流れにみをまかせる~~~~♪」

きーちゃんは思いました。

自分も辛いこととか、苦しいことがあったとき、眠れないこともある。

落ち込むこともある、一度や二度、辛くてつらくて、泣いてばかりになったこともあった。

それでも、精神科を受診することもなかったから、精神薬を服用することもなかった。たまたまかも知れない。兄ちゃんは、知的障がいだからゆえの、理解力が低いこともあるし、家族が、兄ちゃんの気持ちの代弁者にならないといけないなぁ。

父と母だけに任していてはいけないなぁ…

精神薬に対する知識って必要だ!!

ちょっと、勉強しよう~~~。

精神科の治療について課題は山積だと思われます。

精神薬は「対症療法」であって根本的な治療ではありません。

では、精神的な症状について、どんな治療があるのでしょうか?

もう一つ、精神疾患を病気から、精神障害という障害という概念にしてしまったことから始まった、課題はないか?考えていかなければなりません。

株式会社蓮では、このような細かい部分にも諦めずに取り組んでいます。