れんくんブログ

れんくんのてらこや

【れんくん日記】

2022.09.23

げんちゃんのドタバタ珍語録⑤

~妹・きーちゃんのひとりごと~

☆げんちゃん(🚹)

年齢30歳

知能は10歳

軽度の知的障害者です。

げんちゃんは神か?仏か?と思わせるような言葉を時々発します。

きーちゃんの「兄ちゃん!!!!神か~~~!!!!仏か~~~~!!!!」の叫びが可笑しいのだが、また神か仏か疑惑・・・

「僕は、人間に生まれてくる前って何だったんだろう???」

>「えっ??兄ちゃん、何言ってんの??」

「だからさー、人間じゃなかったような気がするんだよ~~」

>「えっ??じゃあ、何だったのよ~~~~~???????」
「う~~ん・・・ハトかなぁ・・・」

>「何故に???ハトなん?????」

きーちゃんは返事に困ってしまいます。

「僕さ~、目の病気になって、手術したから、義眼なんだよね~」

>「そう、そうだね…今更か??兄ちゃん、特に困ってないじゃん!!そこ!!」

「うーん、義眼入れると痛いんだよ~~~」

>「目薬させば~~~」

「さしても痛いんだよ~~~~」

>「じゃあ、義眼入れなきゃいいじゃん!!」

「えーっ、でも義眼入れてないと自信がもてない・・・」

>「じゃあ、入れればいいじゃん!!!!」

「もう、きーちゃん、怒らないで~~~」

>「怒ってないし・・・兄ちゃんね、誰も兄ちゃんの目なんて見てないし、気にもしてないし」

「えっ??そうなの」

>「それ、何ていうか知ってる???自意識過剰って言うんだよ!!」

「え~~わからないよ~~~」

>「まっ、誰も、兄ちゃんが思ってるほど気にしてないから、義眼だってこともわからないし、義眼入ってなくても、全然気にならないし」

兄と妹、容赦ない会話が続きます^^;

「そっか~。じゃあ外すことにする」

>「うん・・・そうしな・・・」

「でも、なんで、僕の目はこうなってしまったんだよ~~」

>「知らんし・・・」

きーちゃん、またまた返答に困ってしまった・・・しかし、なんと閃いた!!

>「兄ちゃん、さっき言ってたじゃん、人間に生まれる前、ハトだったって!!ハトさんだったときに、友達のハトさんとふざけていて、くちばしが目に当たって、ケガさせちゃったんじゃない??それで、今さ、その友達のハトさんの気持ちを知るために目をケガしたんだよ。きっとそうだよ。友達にわるかったなぁって思ってたけど、今、自分も同じ気持ちがわかって良かったんだよ!!兄ちゃん、すごい、よかったじゃん!!!」

「そっか、僕、友達にケガさせちゃったんだね。でも今、自分でそのことがわかったんだね!!良かった~」

>「うん。よかったね~~兄ちゃん。きーは人間の前は何だったんだろう??」

「きーちゃんは、幸せの青い鳥だよ」

>「兄ちゃん;;泣けるわ。ありがとなぁ・・・」

きーちゃん、素晴らしい閃きだった!!きーちゃんも我ながら、すごい!!って思った。

このときから、げんちゃんは目のことは自分の中で解決できたようです。

毎日のように言っていたのに、「なんで、こんな目になったんだ~」と言わなくなりました。お母さんもホッとしました♡