れんくんブログ

れんくんのてらこや

【れんくん日記】

2022.10.07

えり子が行くピアカンへの道⑪

上がったり、下がったり、過食が止まらない、クライアントさま。えり子は、「やり切れ!」「なり切れ!」でも所詮、自分以外の人の事が完璧にわかるわけない。正直に言葉にしよう。とクライアントさまに向き合いました。

クライアントさまはえり子に当たり散らしたり、甘えたり、ぐずぐず言ってきたり…それでも受け取って、自分に正直に答えていきました。するとクライアントさまは「えり子さん、大好きです!!」と答えました。

えり子はまた素直に「大好き、いただきましたーー♡嬉しい!!心のコップ溢れました~」と返事をしました。それでも、またクライアントさまは上がったり、下がったりします。

えり子もまた、上がったり、下がったりに引きずられてしまいます。返信をどうしたらいいのかわからなくなります。

クライアントさまは生きていることさえ苦痛になります。独りぼっちで、人に迷惑ばかりかけてしまって苦しいと吐き出すこともあります。

このような、場合、本当に返事に困ります…

代表は私ならこうかな・・・という内容を考えます。

『わかるぅ~~。ホント、そう。生きていると悪いことしかしないもんな~。車に乗ればアリさん何匹踏みつぶしているか?高速走ったら、バンパーに大量の虫さんが付いてて…へこむ。しかも、ゴキちゃん出たら、殺虫剤でシューっだし…

食べ物も何かを犠牲にしてる。苦しいわ。

人に助けてもらったり迷惑かけたり…いいことなんて何もできない。あーぁって今日も終わる。でも明日は来る。また同じ一日が来てまた終わる。

残念。

しかし、ある日、おじいちゃんが目の前で転んだんだよね。その時、とっさに大丈夫?って声をかけた、手を貸して立ち上がって…大したことなかったみたいで、良かった~~って。そしたら、おじいちゃんが、涙浮かべて「ありがとう」って言ってくれた。嬉しかったなぁ。その日は、なんだかニコニコできた。不思議だった。

その日から「ありがとう」って言われたことが嬉しかったから、誰かに「ありがとう」って言ってみようと思った。コンビニでお釣り銭を受け取ったときも「ありがとう」とか言ってたら、相手がみんなニコニコした。

最近はね、お掃除してくれている人を見かけたら「ありがとう」って言ったりしてる。こっちも嬉しい気持ちになっていることに気付いた。

でも、あーぁ、また今日もぐうたらしちゃった、いいことなかったな…という日の方が多いけどね。

所詮、人間、ダメだなぁ。でも、感謝の気持ちは表したいと思う。繰り返し繰り返しだけど、自分で工夫しながら、情緒を保ってるんだと思う。心のコップの中身は平均6割くらいかなぁ。いい時は8割キープ。それでも一瞬で空っぽにもなる。

私も、そんな感じで日々生きているんだなぁって、あなたの話を聴いていて自分自身をふり返ってみました~。ありがとね♡』

えり子は正直、この文章を読んで、泣きました。ぴえん;;

「出来てないとこばかりに目を向けないで、ってクライアントさまに言っていいるのに、自分が出来ていないとこばかりに目が行ってた。改善させなきゃって意気込んでばかり、改善できないことに気が行っていたなぁ」と。

えり子は、クライアントさまと向き合い、大切な人たちと心から幸せを願ってカウンセリングを続けることができてきました。もちろん、人間なんて不完全であるってことを自覚しています。自覚するほかない…。

出来ないとき、わからないときは素直に「ごめんなさい」も言えています、何よりも蓮の代表というカウンセラー仲間やクライアントさまというピア仲間が居てくれるからこそでしょう。ありがとうございます。感謝の気持ちは決して忘れてはならないですね。

まだまだつづきます・・・