れんくんブログ

れんくんのてらこや

【れんくん日記】

2022.10.21

お空からの贈り物③

ママは我が子のために、たくさん調べて、たくさん経験を重ねました。

幼少期の記録にこんな内容が書かれていました。

「今、一番気がかりは、これから先のことです。」

「今はまだ目立たない遅れがどんどん出てきて、それを私自身が受け止めないといけない。」

「今の私は心のどこかでダウン症の子と認めていないのか、普通の子より、ちょっと遅れているだけだと思っています。」

「どんな小学生になるのか、不安でなりません。」

「明日香には期待がいっぱいだったので特に不安です」

ママは決めました。

地域の小学校へ通わせることにしました。

ママも一緒に登校しました。

あーちゃんは普通(健常)の子たちと普通に小学校生活を送りました。

たくさんの笑顔の写真があります。

男子の頭をポンポンとしている写真

女の子たちとの集合写真

給食当番で給仕している写真

時には、一人が離れていることもありました。

でも、お友達の中でたくさんの経験しました。

あーちゃんは普通(健常)の子のお友達もいます。

同じダウン症のお友達もいます。

みんな大好きなお友達です。

小学校を卒業した後は地域の中学校ではなく「特別支援学校」へ通うことに決めました。

あーちゃんが暮らす地域には「特別支援学校」の中で全国的にも有名な学校があります。

中学校からはその特別支援学校へ通いました。

設備は最高です。

先生方も「特別支援教育」をしっかり学んでいます。

あーちゃんは地域の小学校へ6年間通いました。

特別支援学校には普通(健常)の子どもがいません。

みんな何らかの障がいがあります。

あーちゃんは地域の小学校と特別支援学校を経験しました。

どちらも、あーちゃんとママを成長させてくれました。

全ての選択は結果次第です。善い悪いは自分が決めていいことです。

過去は変えられないけど、その過去への考え方が良くないことだとしても、それは考え方次第で良いことになります。

物事には賛否があります。どうしても賛否を付けたくなります。

それも、いいことであり、そうでないことでもある。

全ては自分次第なんだなぁと。今はそう思っています。

いいこともそうでないこともあるのが人生。これから、ダウン症のあーちゃんがどのような選択をしてもいいのです。

ダウン症で生まれました

ダウン症の子を産みました

ダウン症の我が子が大人になりました

~ママから二十歳になった明日香へ~

明日香も周りの人たちも

明るく楽しくなりますように願っているよ。

明日香は心の優しい人です。

素敵な明日香です。

時々悪い明日香も登場するけど、

みんなのお役に立てる素敵な明日香でいてね。      

                ママより

~二十歳になった明日香からママへ~

ママへ

あかちゃん 生まれてくれて

ありがとうございます

だっこをしてくれて

ありがとうございます

たのしかったです

ミルクをのんで大きくなったら

かわいかったです

とってもママがきれいだったです。

       あすかより

20歳になったあーちゃんとママの「いのちの物語」はここまでです。

20歳になるまでの楽しく愉快な物語、そして苦しいこともありました。

続編はたくさんの「成長の記録」を綴ろうと思います。

子育てに悩むママたちへ

障害があってもなくても子育て真っ只中のママたちへ

「お空からの贈り物」をお届けします。

あーちゃんママからのメッセージです。

またお逢いできる日まで…ほんの少しお待ちください♡

エピローグへつづく・・・