れんくんブログ

れんくんのてらこや

【「素直なこころ」という本を読んでください】

2019年に書き下ろしたエッセイ「素直なこころ」。あれからもうすぐ4年が経ちます。

この本は2019年2月24日から早朝5時前に目が覚め、10日余りで書き下ろしました。

自分で書いたのは間違いありませんが、書かされたような書かさせてもらったような、そんな感覚を覚えています。

人間は一人一人生まれ育った環境は違います。どのような環境に生まれても同じように生きなければなりません。

様々な感情の中で生かされています。

それぞれに主人公がいる、本の内容とは異なった視点で、その主人公のつぶやきとしてここには書いています。

「素直なこころ」をお手に取ってもらえることを願っています。

 あなたの子育て間違っているかも?≪大学生男児の母・ことこのつぶやき≫

なんでや、なんでや、せっかく教育学部に入って小学校の先生になるんじゃろうに、なんで、今更教育実習に行かないって言いだすんじゃ?もう、この子の事がわからんし。どうしたらいいんじゃろ?

「どうすんの?学校、やめるの?」「小学校の先生にならないの?」「せっかく、先生になるためにこの学校に入ったのに、もったいない…」

我が子ながらに、ほんまにもったいないし、いまごろ反抗期なのか?

全然、しゃべらなくなってきたし。もうどうしようもない。不安でたまらん。

信じられん。この子。私の子育て間違ってたのか??

≪ことこの息子・けんのつぶやき≫

うちの親…自分のこと全然わかってない。

俺は、親の敷いたレールに乗ってしまった。でも20歳になって、学校の先生になることがどれだけ嫌だったか気づいたよ。

人前にしゃべるなんて、絶対嫌じゃし、ましてや子どもに授業するなんて、考えただけで、逃げ出すわ。

でも、先生に話しても、親に話しても「今更もったいない」「何が気に入らないのか」「お前はダメだ」「その考え方なんとかしろ」って俺が悪者じゃし。それしか言われないし。

誰か、俺の気持ちを分かってくれる人いないのかよ~。

親と子の関係って

良かれと思ってやってるんだよ親はね~。でも親都合。子どもは言えなかったりするんだね。もっと我が子の事を信じなきゃだよね~。とりあえず、信じきれ!!我が子を!!

#教育学部#エッセイ#反抗期#大学生#子ども#教育実習#息子#子育て#つぶやき#小学校の先生