れんくんブログ

れんくんのてらこや

【れんくん日記】

2023.03.18

児童虐待は無くならない?≪中1男児・わたるのつぶやき≫

【「素直なこころ」という本を読んでください】

2019年に書き下ろしたエッセイ「素直なこころ」。あれからもうすぐ4年が経ちます。

この本は2019年2月24日から早朝5時前に目が覚め、10日余りで書き下ろしました。

自分で書いたのは間違いありませんが、書かされたような書かさせてもらったような、そんな感覚を覚えています。

人間は一人一人生まれ育った環境は違います。どのような環境に生まれても同じように生きなければなりません。

様々な感情の中で生かされています。

それぞれに主人公がいる、本の内容とは異なった視点で、その主人公のつぶやきとしてここには書いています。

「素直なこころ」をお手に取ってもらえることを願っています。素直なこころ (ガリバーBOOKS) | 恭子, 國政 |本 | 通販 | AmazonAmazonで恭子, 國政の素直なこころ (ガリバーBOOKS)。アマゾンならポイント還元本が多数。恭子, 國政作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また素直なこころ (ガリバーBOOKS)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。www.amazon.co.jp

不幸な子どもをなんでほおっておくの?≪中1男児・わたるのつぶやき≫

 ぼく、もう死んじゃうよ。

本当に死んじゃうよ。

どうやって死ねるんだろう。人間は息を止めれば死ぬ。息って自らの心って書く。

自らの心を止めれば死ねるのか。

心を亡くそう。心を止めよう。

心を亡くすで忙しいとなる。忙しくしたら死ねる。

ぼくを見て、僕の心を見て。

大人は忙しい、忙しいって言ってるけど、生きている。

忙しくても死ねないのかなぁ

どうやったら死ねるんだ?

息を止めるってすごく難しいんだな。

せっかく生まれてきたのに、どうしてこんなこと考えなきゃならないんだろう。

大人たち、子どもの本心を見つけて、僕を見つけて。