れんくんブログ

れんくんのてらこや

【れんくん日記】

2023.03.22

改憲するの?憲法って必要?≪20歳大学生・みきとのつぶやき≫

【「素直なこころ」という本を読んでください】

2019年に書き下ろしたエッセイ「素直なこころ」。あれからもうすぐ4年が経ちます。

この本は2019年2月24日から早朝5時前に目が覚め、10日余りで書き下ろしました。

自分で書いたのは間違いありませんが、書かされたような書かさせてもらったような、そんな感覚を覚えています。

人間は一人一人生まれ育った環境は違います。どのような環境に生まれても同じように生きなければなりません。

様々な感情の中で生かされています。

それぞれに主人公がいる、本の内容とは異なった視点で、その主人公のつぶやきとしてここには書いています。

「素直なこころ」をお手に取ってもらえることを願っています。

なんで憲法はあるの?≪20歳大学生・みきとのつぶやき≫

 どうして、こうも守らないといけない、ルールがあるわけ?

それと、どうして、守らなきゃならないルールを守れない人がいるわけ?

そもそも、なんでこんな、しちめんどくさいルールを作らなければならないんだろう?

何に対してのルールで、誰が守らないとならないんだろう?

ムズイぞ。

うーん。簡単なところで考えてみよう…「交通ルール」が出来たのって?いつ?

移動手段が便利になり、秩序が守られないと大きな事故になる…そんなところからだろう。

文明が進むたびにルールが厳しくなるのかなぁ。

法律があっても「幸せ」にはならない。

「幸せ」はどこにあるんだろう。

「思いやりの心」をお互いに強く持てば、ルールはいらないのかなぁ。

しかし、ルールとは違うかも知れないけど、「してはならないこと」って昔からあるんじゃない?

「お父さん、お母さんを傷つけてはいけない」とか「兄弟姉妹やお友達を傷つけてはいけない」とか「先生や先輩を傷つけてはいけない」とか。

それとか、「嘘をついてはいけない」とか「人を騙してはいけない」とかもある。

もっと、もっとシンプルに考えればいいのかも知れないね。